読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師のなぜなぜ研究

ここが変だよ日本のナースさん

ウェルビーイングとは

 

人気TOP記事

  1. 看護師の接遇タメ口・上から目線
  2. 看護師の性格・プライドと傲慢さ
  3. 看護師の性格・キツい・気が強い
  4. 看護師のイメージ 〜 天使か娼婦か
  5. 看護師の患者関係・恋愛・共依存

 

 

 

看護師の質問に勝手に答えますシリーズ。

 

ウェルビーイングの向上と健康維持増進

ウェルビーイングの向上と健康維持増進について、調べているのですが、この「ウェルビーイング」という言葉がいまいちピンときていません。

詳しい方いますか?

 

>ウェルビーイングの向上と健康維持増進について

「何の」ウェルビーイングか、が抜けているから”well being”でピンと来ないのは当たり前なのです。

例えば、one’s social well being だったら社会的に人が良好な状態であること。

または、psychological well being だったら精神的に良好な状態にあること。

あえて「何の」を除いた使い方をする場合もあって、その場合は、そういった全てにおいて人間として良好な状態を指す。つまり、経済的、精神的、社会的関係、などなどなど。身体的に健康でも精神的に不健康だったらそれは本当に健康とはいえない。

つまり、well being = health(本当の意味での)

因みに、それを踏まえて「ウェルビーイングの向上」というのは、日本語としても違和感がある。

良好な状態の向上って、変でしょう?すでに良好なのに。

ニュアンス的にも、well beingは無理したりしない充足した状態だから、それを向上しましょうって意味不明。well beingの為に、とか、well beingを目的に、とかwell beingの維持を、とかなら分る。well beingは向上させるものではない。

という感じでしょうか。

同じように、健康維持(を)増進させるってのも日本語として変になるから「健康の維持・(または)増進」とした方が良い。(コンマまたは丸ポチ)

さらに言えば、WHOの定義による(真の意味での)健康とウェルビーイングは同義だから、「ウェルビーイングの向上と健康維持・増進」は冗長。

ウェルビーイングは病気や疾病の無い健康さだけでなく「人間的にトータルとしての健全・健康な状態」という意味。