読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師のなぜなぜ研究

ここが変だよ日本のナースさん

看護師ってやっぱり男関係で変な事件に巻き込まれること多くない?

宇都宮 看護師殺害事件 別れ話でトラブルか

12月13日 5時15分

12日、宇都宮市のアパートの1室で28歳の看護師の女性が血を流して死亡しているのが見つかり、警察が捜査を進めたところ、知人の27歳の男が包丁で刺して殺害した疑いがあるとして福島県内にいるところを見つけ、殺人の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは、自称、栃木県上三川町の期間社員、菅野龍容疑者(27)です。

12日午後6時50分ごろ、宇都宮市御幸本町のアパートの1室で看護師の根本紗貴子さん(28)が血を流して死亡しているのが見つかり、警察は刃物で刺された傷が複数あったことから殺人事件として捜査していました。

その結果、知人の菅野容疑者が福島県内で根本さんの車に乗っているのを見つけ、事情を聴いたところ、事件に関与したことを認めるなどしたため殺人の疑いで逮捕しました。警察によりますと、菅野容疑者は今月10日の午後、根本さんの背中や胸を包丁で刺して殺害した疑いが持たれています。

警察によりますと、菅野容疑者は根本さんと交際していたと話しているということで、調べに対し「冷たくされた」などと供述し、容疑を認めているということです。警察は事件の動機や詳しいいきさつを調べています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161213/k10010804661000.html

 

 



 

殺人事件で逮捕-交際相手の看護師殺害


東京都小平市神町で9月25日、看護師の高木梨花さん(24)が全裸の状態で死亡しているのが見つかった殺人事件で、行方不明になっていた交際相手の男が逮捕されました。

殺人容疑で逮捕されたのは、小平市神町に住む職業不詳・高野隼一容疑者(25)です。

発表によると高野隼一容疑者は9月24日~25日ころ、小平市神町2丁目にあるマンションで同居中だった高木梨花さんの首を絞め、殺害した疑いが持たれています。

2人は約1年半前ころからこの部屋で同居していたということですが、別れ話でトラブルになり事件に至ったとのこと。

警察での取り調べに対して高野隼一容疑者は「私が梨花の首を絞めて殺してしまいました」などと供述し、容疑を認めています。

http://breaking-news.jp/2015/09/28/021638

 

 

 

 

 

点滴殺人の大口病院 現場病棟で看護師同士のいじめトラブル


神奈川県横浜市の大口病院で発生した、連続殺人事件。「慢性期」と呼ばれる末期がんや重度の脳梗塞の患者が入院する同院4階の一般病棟で、2人の患者が相次いで中毒死した。いずれも点滴に異物が混入されたものとみられている。

 点滴による連続殺人が発覚する直前、大口病院の4階ナースステーションではトラブルが相次いでいた。

 最初に起きたのは今年4月の注射針“針山”事件だ。ナースステーションに置かれていたある看護師の筆箱に、10本以上の注射針が刺され、針山のような状態になっていたという。

 ナースステーションが無人になったときを狙って行われた卑劣な行為は、それだけでは止まらなかった。

 同じ4月には、ナースステーションの壁に掛けられていた看護師の白衣が切り裂かれる事件が発生する。1か所ではなく、はさみなどの刃物で何か所も執拗に切り刻まれていたという。

 今年6月には4階の入院患者のカルテがなくなり、後に別の階の看護部長の机から見つかる騒動も起きている。

 そして8月。大口病院を退職する職員から差し入れられたペットボトル飲料を飲んだ看護師スタッフの唇がただれるなどの被害があった。においもおかしかったのでよく調べると、ペットボトルの上部に注射針程度の穴が開いていた。事務部長が口に含んでみたところ、漂白剤のような味がしたという。その後に発覚する点滴殺人の序章ともいえる事件の数々。この時点でなぜ病院サイドは問題解決に手を打たなかったのか。

 一連の凄絶ないじめのターゲットにされたといわれているのは、4階担当の若い看護師・Aさんだった。実はAさんは8月、「病院から嫌がらせを受けている」と神奈川署に相談。8月末から休職し、9月末に病院を退職している。

「“針山”事件に、白衣切り裂き事件、ペットボトル飲料異物混入事件。それらのトラブルの原因の1つは、ナースステーションで起きていた病院内人事についてのいざこざだと噂されています。人事査定でえこひいきがあったり、自分だけ忙しい仕事を回されたりしているといった不平不満があり、看護師同士で言い争いになったこともあったようです」(病院関係者)

http://www.news-postseven.com/archives/20161007_454900.html

 

 

 去年だったか、想像の斜め上を行く事件があったのだが、今はほとんどリンク切れ。

流れは、こう↓

 

1.夫が入院している病院で、夫の点滴にカリウムを注入し、業務妨害で妻の看護師が逮捕。しかし反省の弁はなく、「夫がそれだけ悪いことをしたと分かってほしい」などと強弁。

2.その夫(無職)が、なんと子供にたいするDVで逮捕。

3.なんとなんと、カリウム注入看護師がこんどは窃盗で再逮捕。

 

 もうね、看護師の妻も、その旦那もどっちもどっち。

 

元看護師、夫にカリウム認める 地裁浜松支部公判|静岡新聞...
http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/148732.html

4歳息子殴った疑い カリウム注入事件容疑者の夫逮捕|静岡新聞...
http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/56184.html

看護師、窃盗容疑で再逮捕 浜松・威力業務妨害事件|静岡新新聞...
http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/144866.html

 

看護師の女逮捕、夫の点滴に“カリウム混入”


今年1月、静岡県浜松市内の病院で、入院している夫の点滴にカリウムを混入させ、病院の業務を妨害したとして、別の病院に勤務する看護師の女が25日、逮捕されました。

威力業務妨害の疑いで、25日逮捕されたのは、浜松市中区寺島町の看護師、小塲芳恵容疑者(34)です。

警察によりますと、小塲容疑者は今年1月、浜松市の聖隷三方原病院に心臓疾患で入院中の30代の夫の点滴にカリウムを混入させ、病院の業務を妨害した疑いがもたれています。捜査関係者によりますと、小塲容疑者は容疑を否認しています。

警察によりますと、今回点滴を投与された夫にはカリウムを投与する必要はなく、夫は注射された部分に痛みは感じたものの、すぐに病院が適切な処置を取ったため、体調に変化はなく、後日、退院したということです。

カリウムは点滴で投与した場合、濃度や速度によっては死に至る危険性もあり、警察は、なぜ別の病院に勤務していた看護師が入院中の夫にタリウムを投与したのか、動機の解明を進めていく方針です。(26日05:00)

http://twinavi.jp/topics/news/558c67d6-fb6c-42e2-ac3b-1cfb5546ec81

 

あと、毎月のように、患者カルテを不正に閲覧、患者のものを窃盗、などなど。

 

ったく。